がさがさバーム 《Beewax》【chitree organicオリジナル】画像

がさがさバーム 《Beewax》【chitree organicオリジナル】

商品について
店主おちづの一言

名の通り。かさかさな肌と髪に。

子供に言う時に使う言葉。
かさかさやな〜〜。って。
かさかさやから塗っとこか〜〜って。
子供にわかりやすく伝えるための幼児言葉。
私は個人的にめっちゃ好き。
だからかさかさバームと名付けました。

どれ買ったらええんですか?って肌トラブルのある人に聞かれる。

肌のトラブルの原因は様々。
でも私が長年いろんな人のトラブルを聞いて診た結果。
トラブルの根源をわけると大体こんなもの。

そもそもの内臓機能が弱く生まれてきた人が食生活や生活用品で荒れるアトピーやアレルギー性。
2つ目は数十年クラスの排毒つまり、好転作用として肌に出てくるパターン。
3つ目は、外的要因である乾燥による肌荒れ。
そして、4つ目は虫刺されや毒性のあるものに触れて爛れてしまった場合。
5個目は、日焼けや火傷。
6つ目は有害物質黄砂や花粉による肌荒れ。
7つ目は菌やウィルスによる感染症。

そんなもんかな。

これを人は全て皮膚科に行ってどうにかなると思っているけど、私はとにかく皮膚科には今後お世話になるつもりがない。
でも人は痒いとか、痛いとかを 、どうにかしたいもの。
で、作った3タイプ。
この三種類あれば、どれかはどうにかなる。
それが「シアバター」と、「かゆかゆクリーム」と「かさかさバーム」

大まかにまとめたら常に肌をツヤツヤでいたい。
かさかさやからどないかしたい。
かゆかゆやから、なんとかしたい。

この3つやろ??って。
この三種類さえあれば皮膚科は行く必要ない。
病院へ極力世話になりたくない。
そんな私が提案する三種類の肌トラブルケアシリーズ。

この皮膚トラブルの原因の7タイプの中の外的要因のトラブルをかさかさバームで緩和する。

外的要因とは
わたしがなにの時にこの かさかさバームを使うかというと
1・空気の乾燥
2・黄砂や花粉による肌荒れ
3・日焼けや火傷という外的外傷
4・治りかけのかさぶたな肌
5・切り傷が治りかけの肌
6・手術後で皮膚を切った後のケア
7・爪のケア
8・唇のかさつきケア
9・髪のパサパサケア
10・花粉や鼻風邪でティッシュで鼻の周りの水分が取られてカサカサになる前にケア※鼻の中も塗る
11・切れ痔による肛門のケア
12・生理による陰部のかぶれ
13・犬や猫の肉球ケア(舐めても安全、動物も乾燥する)
14・頭皮のふけ、かゆみ
15・水仕事での手荒れ
16・タコの目魚の目の、踵の角質ケア

そんなところかな〜〜思い当たるのは。。。

容器は、缶にしました。
安っぽいですが、これが一番ゴミの中でガラスより再生率が高いのでアルミにしました。
化粧箱いる?すてるだけやん?
プラステックは論外。

全然、化粧っ気のないデザインです。
でもわたしはこれが気に入っている。
ゴミにしたくない。
ゴミになっても再生するし、また再利用できる。
小さいものをしまったり、また計り売りの時に使って欲しい。
薬事法という日本には厳しい法律が大きな壁。詰め替えできたらいいけどそれは無理。
だからこそアルミ缶にしました。
わかってもらえたら嬉しい。

でも、化粧箱で二重包装やガラス瓶などでかっこよく見せてないことで中身である原料にお金を注ぎ込めました。
普通は逆です。
原料はチープで、外見に大体お金がかかっている。
それは作ってわかったこと。

私のオリジナルだから自分で言うのもなんだけど胸を張って言えることは自分が使う、自分の一番大事な家族が使うもの。
それがカスみたいなもんだったら私はキレる。
だから、このクリームは絶対に
自分が安心できるものでないとダメ。

え??40g?
小さいって思うかもしれないけど
それが私が自分や家族と使って2、3ヶ月で使いきれる量。

新鮮なんがいいやん??
なにがってさ、新しいんが一番いいんよ。
野菜も魚もそやろ??

量も少ない、生産数も毎度少量で作る。
それが私のオリジナルで自慢できること。

だってさ、よく考えてみ??
スキンケアってさ、期限いつかわからんやろ??
店頭に並んでる化粧品。
いつ製造したん???って。
5年前かもしれへんよ?
ネットでめっちゃ安く出てるのも
なんぼオーガニックスキンケアでもさ、それいつのん???って思うん。
もう怖い。
だから自分で作ろうと思った。
それがオリジナルでスキンケア作るきっかけ。
自分が一番信用できる。

なので、少量やし、全然デザイン凝ってませんが中身にお金かけました。

少量生産をずっとしていくつもり。
それで常に在庫キープできなくても、しょうがないと思っている。

みんな新しい方がええやろ??

この「かさかさバーム」は、「かゆかゆクリーム」共に長い年月をかけて試作しまくって、ひろしの人体実験をクリアしてやっとできました。

たくさんの人の肌トラブルを緩和できますように。
ちなみにあくまでも緩和。
治療ではありません。
原因は食生活や生活用品、生活環境に潜んでいること。
クリームを塗ったから治るではなくクリームはあくまでも痒い、辛いを和らげるものであり自己免疫力で新しい皮膚に再生するのをカバーするもの。

私は長年の接客の経験上、生活習慣を治さないといつまでたっても同じような肌トラブルが出る。
ただ、その結果である肌のトラブルを和らげるためにステロイドではなくてクリームがサポートできるから勘違いすんなよと常に釘を刺していた。

火傷や外からの有害物質の接触や虫刺されのようなものでない限り肌の炎症は鼻水や熱、うんこしっこと汗と同じで結果であることを知った上でケアしていって欲しい。

私は個人的に数年に一度肌にどかっと出る。
他人は、え??どないしたん?それ??って言われるけど、わたしは、え??
あ〜〜〜。これな。鼻くそ。うんこよ、って言う。
え???みたいな。
だって、終わったことよね。
これって数十年前の毒かもしれない。
時間もかかるし、痒いし、かさかさ。
でもいずれ必ずきちんと綺麗に戻る。
気にしない。でもかゆいし、かさかさ。
だから塗る。
そういうこっちゃ。


商品詳細

アーモンド油、ミツロウ、ホホバ種子油、シア脂、ヤシ油、トコフェロール、ラベンダー花油、ティーツリー葉油、ユーカリ葉油


内容量:40g






◇◆商品についてわからない事や質問などあれば、
お気軽に公式LINEでお問い合わせください◆◇
【公式LINE】

※LINEは24時間受付しておりますが、
返信に多少のお時間いただく事があります。

ショッピングカート
カテゴリーから探す