ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油:プラナロム社画像
ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油:プラナロム社画像
ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油:プラナロム社画像
ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油:プラナロム社画像
ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油:プラナロム社画像
info


現在庫 終了次第、販売終了となります。
ご購入ありがとうございました。

ラベンダーストエカス(フレンチラベンダー)精油:プラナロム社

商品について
店主おちづの一言


おちづフレンチ・ラベンダー精油論


普通のラベンダーより高いです。

だけど、だけど。

私が使う精油で一番肌に使ってる精油です。


AOPラベンダーは俗に真正ラベンダーと言われている品種。

すごくいい香りです。


でもこのフレンチラベンダーは真正ラベンダーよりさらに草っぽい香りで、ラベンダー独特の甘い香りが抜けてないのでラベンダーが好きな人よりは、ユーカリとかティーツリーが好きな人は一度お試しいただきたい精油。


めっちゃファンになる人が多いです。


ちょっとだけ高価ですが、買う価値は十分にあるほど肌を癒してくれます。

一度、精油好きには使ってみて欲しいです。


真正ラベンダーが油の乗った女性の時期と例えるなら、フレンチラベンダーは60代の人生2度目な、色々研ぎ澄まされた感じの女性って感じ。


わかるかな〜〜この例え。

本当そんな感じ。

お試しあれ。


※より詳しくラベンダーストエカスについて知りたい方は、少し長いですが下記の説明をお読みください


フレンチラベンダーとは


精油としては種子名を使ったストエカスラベンダーやスパニッシュラベンダー、wikipediaではイタリアンラベンダーと、様々な呼び名で呼ばれるフレンチラベンダー。

呼び名がたくさんあって分かりにくいですが、これはヨーロッパの地中海沿岸地域を中心に広く自生しているためなのだとか。
特徴は花穂の先端に「ウサギの耳のような」と称される二つの花びら(花苞)があることで、他のラベンダーと見分けやすいとも言われています。

フレンチラベンダーは国内流通(小売)が殆どなされていません。
というのもまた真正ラベンダーが安全性の高い精油とされているのに対し、フレンチラベンダーはケトン類の含有量が高いため取扱の難しい精油のため。

“ラベンダーフランス”などと表記されたフランス産の真正ラベンダーの方が圧倒的に多いものの、稀にフレンチラベンダー(ストエカスラベンダー)も販売されているので購入時には注意するようにして下さい。

フレンチラベンダーは私達がイメージする「ラベンダー」感が少なく、カンファー感のあるハーブといったフレッシュな香りが特徴。

同じラベンダー属というよりは全く別物と言われた方がしっくり来るくらいの違いがあります。

植物分類でもラベンダー属は亜種・節と更に細かく分類されていますが、この中で真正ラベンダー・スパイクラベンダー・交雑種であるラバンジンはラヴァンドラ亜種“スパイカ節”になります。

対してフレンチラベンダーは”ストエカス節”に区分されていますから、香り・成分の違いも納得ですね。


フレンチラベンダーに期待できること


下記では成分などから期待されている効能をご紹介しますが、フレンチラベンダーは神経毒性のあるケトン類を多く含むため専門家以外は使用をしないほうが良いという見解も多い精油です。

痩身目的での需要が高まっているとも言われていますが使用する場合は知識のあるセラピストに施術してもらう・ホームケアで利用する場合もアトバイスして頂いて使用することをお勧めします。

・心への作用
フレンチラベンダーは鎮静作用に優れた真正ラベンダーとは逆に、刺激作用によって気持ちを高めて前向きさを与える・心を強く持たせる働きがあると考えられています。香りとしてもツンとするようなカンファー感がありますから、リフレッシュ用や気合を入れ直して頑張りたい時に適した印象ですね。

・体への作用
フレンチラベンダーは殺菌・抗菌作用やケトン類による粘液溶解・去痰作用などが期待できることから、風邪予防や咳・気管支炎などの呼吸器系トラブルの改善に有効と考えられています。

また循環器系への刺激作用や利尿作用があるとも言われており、むくみ対策や肥満予防などへの効果も期待されています。

しかし、ケトン類は有益な働きがある反面、毒性物質でもありますからデイリー使いに適しているとは言えないでしょう。

自己判断で使用する場合は、抗菌用として少量をタンスやクローゼットに入れる程度にしておくと確実です。


その他作用


・皮膚利用について
フレンチラベンダーに多く含まれているフェンコンやカンファーなどのケトン類は胆汁分泌促進や脂肪溶解作用などがあると考えられていることから、ダイエット効果が期待されている成分でもあります。

サロンによっては痩身マッサージなどに取り入れているところもあるそうですし、欧米では自己マッサージやバスオイルとして使っている方もいらっしゃるようですが、セルフケア用としての使用はお勧めできません。

フレンチラベンダー精油は真正ラベンダーとは異なり肌に直接付けることは出来ませんし、また適度に希釈した場合でも炎症を起こす可能性もあります。

成分的にみると抗炎症作用や治癒促進などにも効果が期待できることになると言われていますが、同じような作用が期待されており使用しやすい真正ラベンダーやカモミール・ジャーマンなどを使うようにしましょう。


フレンチラベンダーの利用について


・相性の良い香り
柑橘系の香りと相性が良く、ハーブ系もしくはハーバル感の強いフローラル系・樹木系の香りとも組み合わせやすい香りです。


フレンチラベンダーのブレンド例


・リフレッシュ・強壮
→パルマローザ、パイン、ベルガモット
・風邪予防・空気浄化
→ローズマリー、スパニッシュセージ
・冷え・むくみケアに
→レモン、柚子、ゼラニウム
・防虫・消臭剤として
→シトロネラ、コリアンダー


フレンチラベンダー精油の注意点


妊娠中・授乳中の方、小さいお子さんへの利用は出来ません。
持病のある方は医師に相談のうえ利用して下さい。
神経毒性のある成分を含むため、多量・長期間の連続使用は避けましょう。





店主おちづにLINEで相談できます。お気軽に公式LINEでお問い合わせください
〈 公式LINE 〉

※LINEは24時間受付しておりますが、返信に多少のお時間いただく事があります。





ショッピングカート
カテゴリーから探す

@chitree organic All Rights Reserved.